狭小住宅のメリット

家を建てるときはできるだけ大きな家を、と考える人が多いですが、近年は最小限のスペースで建てる狭小住宅も人気を集めています。小さな家には、大きな家にはないいろいろなメリットがあるのです。狭小住宅のメ…

Learn More

狭小住宅のデメリット

狭小住宅のデメリットとして最初に挙げられるのが、間取りのカスタマイズ性の低さです。限られたスペースを最大限、有効活用して建てるマイホームなので、間取りに関して住民側のリクエストが通りにくいです。住…

Learn More

快適に暮らせる!工夫と注意点

スキップフロアや吹き抜けなど、工夫の方法

狭小住宅とよばれる小さめの住宅では、日が入りにくい、一部屋が狭くなってしまうなど、いくつか不便な点が挙げられます。ですが、工夫次第によっては十分快適に暮らすことができます。例えば、天窓の設置や、思い切って大きな窓を設置することによって、光を取り入れるという点はある程度解決できます。部屋が狭くなってしまう点については、いっそ部屋と部屋の仕切りをなくしてみてはいかがでしょうか。スキップフロアのように、半階ずつくらいで個室のようなスペースを作ることによって、敷地面積を取ることができなくても、部屋数の確保は可能になります。 工夫の仕方によっては、場所によって難しいこともありますが、余程一般とかけ離れた方法でなければ、やり方次第でいくらでも工夫することができるのではないでしょうか。

縦に伸びてしまうことや、収納場所の確保が難しい

注意点として、横に広げることができない以上、高さのある住宅になってしまう可能性があります。どこに行くにも階段の上り下りが必要になってしまい、それが億劫になってしまうことも考えられます。若いうちはよくても、高齢になった場合、この階段がネックになってしまうこともあるので、きちんと考える必要があります。将来住む予定の住人の数なども、部屋の数に関わってきますから、ある程度想像しながら、考えるようにした方がよいでしょう。 また、面積の問題上、どうしても収納が少なくなってしまうことがあります。小さい家ですので、物は目に付かないように片づけてしまうのがよいのですが、収納場所が少なくては、片づける場所も確保が難しくなってしまいます。隙間や階段下など、使えそうな場所を有効に使って、収納場所の確保を工夫する必要があるでしょう。

平屋住宅のメリット

平屋は一階建ての住宅のことですが、二階建て住宅と比べると部屋数が少ないので一見すると不便に思えます。しかし実際は平屋ならではのメリットも少なくありません。中でも最大のメリットとして挙げられるのが階…

平屋住宅のデメリットと注意点

家造りを一から行うと家族に合わせた間取りが取れるメリットがあります。その一方で一から考えないといけないので、必要な広さがどれくらいなのかを自分たちで調べるのが難しいかも知れません。家造りをするとき…

特徴を生かした間取りって?

家造りをするときに一定の広さの土地があるなら平屋で建てるのも選択肢になるでしょう。広さのある土地であれば十分部屋や設備を確保できるので生活するには問題ありません。せっかく平屋住宅を建てるのであれば…